お馬さんが走りますよ☆


競馬のことを主にのせていきます♪
by unagiinu-dayo
プロフィールを見る
画像一覧

10歳ディフィートうなる剛脚/中山記念







老雄はまだまだ元気です!!
「第82回中山記念」(3月2日)の木曜追いが28日、栗東トレセンで行われ、10歳馬のアサカディフィートが若々しい走りを披露した。馬の10歳を人間に置き換えれば40~50歳。前走・小倉大賞典でJRA史上最高齢となる平地重賞制覇を達成した衰え知らずの老雄が重賞連覇へ前進した。

 走りも毛ヅヤも、とても10歳馬とは思えない。小雪舞う栗東E(ダート)コースに現れたアサカディフィートはキャンターで1800メートルほど流し、そのまま追い切りへ突入した。4コーナー手前から一気にペースを上げて直線へ。右ムチが一発飛ぶとフットワークにグッと力がこもり、ラスト1Fは12秒5をマーク。ここ3戦いずれもメンバー最速の上がり3Fを計時した瞬発力にはいささかの衰えもない。長いウォーミングアップからインターバルを挟むことなく、これだけの時計を刻む10歳馬。このタフネスぶりは驚異というしかない。

 しかも引き揚げる時の息はさほど乱れていない。馬体も若々しく毛ヅヤもいい。知らない人が見れば5、6歳馬と勘違いするだろう。「少しでも動きが悪かったら回避しようかと考えていたが、いつもと変わりない。もう老人だがよく頑張っている」。鶴留師は中2週での出走を満足そうに宣言した。

 前走・小倉大賞典ではJRAの歴史を塗り替える10歳馬平地重賞Vをマーク。これには師も驚いた。「スタートがいつもより良かった。ラストの脚も大したもの。年が年だからこれ以上の上がり目を望むのは酷だが、よく維持している」。10歳まで頑張れる秘けつを聞かれると「脚元に問題がないことが大きい。通算出走回数は多い(69走)が、年間に換算するとさほど使っていない。それもいいんじゃないか」と分析した。

 同馬以外にも高齢馬の活躍は最近目立つ。ある厩舎関係者は「調教技術の進歩」や「調教施設の充実」などを挙げる。ディフィートはデビュー前から去勢されたが、これによって気性、体質が安定した点も見逃せない。

 18歳の三浦騎手が重賞デビューを果たす一方、10歳馬が重賞連勝に挑む中山記念。新人と老雄の激突は興味深い




中山記念の情報をゲットするなら競馬サーチ.comできまり!!!



[PR]
by unagiinu-dayo | 2008-02-29 10:37 | 競馬
11月レーシングカレンダー
東京、京都、福島

★今週の
注目レース★
「マイルチャンピオンシップ」

☆21日
東京…東京スポーツ杯2歳S
福島…福島記念

☆22日(日)
東京…マイルCS





栗東スポーツ




010.gif競馬ゲーム






カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧