お馬さんが走りますよ☆


競馬のことを主にのせていきます♪
by unagiinu-dayo
プロフィールを見る
画像一覧

【天皇賞(春)】内田博&ポップ 完ぺき新コンビ

神戸フランツ【母の日】にはスイーツ&ブーケで!!





「天皇賞(春)・G1」(4日、京都)
 最高のファースト・コンタクトだった。30日、関東から駆けつけた新コンビの内田博を背に、G1初制覇を目指すポップロックが栗東CWを3頭併せで最終追い切り。
d0150558_13204812.jpg




3カ月ぶりの阪神大賞典3着を使われた効果による余裕十分の動きを確認、JRA所属として先週初めて重賞Vを飾った剛腕は盾獲りを見据えた。
なお、枠順は1日に確定。2日に一部ウインズで金曜発売が実施される。


 人馬の呼吸はピッタリだ。ポップロック&内田博が、3頭併せで完ぺきな試走を披露した。朝一番の栗東CW。グリーンを基調にした“チーム角居”のウインドブレーカーに身を包んだ内田博がポップとともに登場した。
 厩舎の次代を担うトーセンキャプテン(4歳オープン)が先導。ダービーを目指して青葉賞へ挑むマゼラン(3歳オープン)が続いた。2頭を目標に折り合いも上々。直線はいつもの角居厩舎流で、馬なりのまま最内へ潜り込む。最後はトーセンの動きに合わせるように余裕を持って並入に持ち込み、マゼランには首差先着と貫禄を示した。

5F68秒9-39秒7-12秒1。
「“仕掛けてから(反応が)ワンテンポ乗り遅れるところがあるので、そのあたりの感覚をつかんでほしい”と(角居師からは)言われたけど、問題なかったし、いい動きだった」と、内田博はさわやかな表情で引き揚げてきた。その様子からも感触の良さは一目瞭然(りょうぜん)。角居師も満足そうで「馬と乗り役さんの呼吸はバッチリだったと思う」と静かにほほ笑んだ。
 これまで海外も含め、G1に8回挑戦。昨年のジャパンCがアドマイヤムーンに頭差、一昨年のメルボルンCもデルタブルースに頭差、有馬記念ではディープインパクトの2着と銀メダルが3つ。実力は十分にありながら、なかなか頂点に到達できない。7歳を迎え、年齢的にもチャンスは多く残されていない。今回にかける陣営の思いは自然と熱くなってくる。
 初めてチャレンジする春の盾。「切れる脚はないけど、折り合いは心配ないし我慢比べになれば強い。持ち味を生かすには最高の舞台」と師は胸を張った。臨戦過程も文句なしだ。休み明けの阪神大賞典(3着)をひと叩き。「もともと使って良くなるタイプ。1度使って、期待通りに状態は良くなっている」。戴冠へ、すべての条件はそろった。
 トレーナーは力を込める。「勝てそうで勝てないG1だけど、チャンスのあるレースだと思っている」。内田博という心強い援軍も得た。遅ればせながら7歳の春にして、ついに頂点へ立つ日が近づいてきた。







【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com



[PR]
by unagiinu-dayo | 2008-05-01 13:22 | 競馬
11月レーシングカレンダー
東京、京都、福島

★今週の
注目レース★
「マイルチャンピオンシップ」

☆21日
東京…東京スポーツ杯2歳S
福島…福島記念

☆22日(日)
東京…マイルCS





栗東スポーツ




010.gif競馬ゲーム






カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧