お馬さんが走りますよ☆


競馬のことを主にのせていきます♪
by unagiinu-dayo
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:スプリングS ( 5 ) タグの人気記事

“究極仕上げ”結実!皐月もジャックだ







>「スプリングS・G2」(23日、中山11R)

善戦すれど勝ちきれなかった
6番人気スマイルジャックが先行策から抜け出しV。
皐月賞(4月20日・中山)の有力候補へ名乗りを上げた。
2着には11番人気フローテーションが突っ込み、1番人気ショウナンアルバは3着。
皐月賞トライアル最終戦は3連単18万4520円の波乱決着となった。



“究極仕上げ”は確かな形で実を結んだ。
金曜、土曜に意欲的な時計を出し、マイナス10キロで出走したスマイルジャックが陣営の意気に応える快走劇。強豪を蹴散らして皐月賞へ堂々の参戦を決めた。

「ホッとした。調教師になって13年目になるけど、新馬の時にあれほど手応えを感じた馬はいない。
本当は皐月賞をこの体重にしたかったけど、前倒しした」。
能力的にもクラシック出走は至上命題-。こん身の仕上げで臨んだ小桧山師からは、真っ先に安どの言葉が口をついた。
いつもなら相手の弱いレースを選択するというが
「(強い相手に)はじき返されたらしょうがない。でもこの馬だから譲れない部分があった」。
自身の歴代No.1評価馬は、きっちりと答えを出した。

万全の愛馬を勝利に導いた小牧の騎乗も見逃せない。
「今日は積極的に乗ろうと思っていた。ためても駄目。前回はソロッと乗っても掛かり気味だったから、馬のリズムに合わせて」。

2度目の騎乗でしっかりと馬をコントロール。馬任せにハナを奪い、向正面で外からショウナンアルバが一気に先頭に立っても焦ることなく2番手で進めた。
「追い出してからの反応も伸びあぐねた前回よりよかった」。
直線半ばで抜け出し、これまで甘かったしまいもグイッとひと伸びしてV。
好騎乗と万全仕上げが見事に融合した瞬間だった。

東スポ2歳S3着、きさらぎ賞2着の“善戦マン”からひと皮向けたレースぶり。
「緩かった体が徐々に固まってきた。最初の峠を越えたけどまだまだという気持ちもある」と指揮官が話せば、
「本番も折り合い次第。G1を勝ったことないけど、精いっぱい勝ちに行く」とジョッキーも期待を膨らませる。クラシック戦線の脇をガッチリと固めてきた実力馬が、本当のスポットライトを浴びるのはこれからだ。






[PR]
by unagiinu-dayo | 2008-03-24 17:40 | 競馬

スプリングS,阪神大賞典、全着順&払戻金

【新商品!!】洋風と和風のコラボスイーツ!しょうゆロール






23日、中山競馬場で行われた
スプリングS(3歳牡牝、GII・芝1800m)の全着順、払戻金は以下の通り。

1 スマイルジャック 1:48.9
2 フローテーション クビ
3 ショウナンアルバ 1.1/2
4 アサクサダンディ クビ
5 アルカザン クビ
6 ドリームシグナル クビ
7 レインボーペガサス 1/2
8 アポロドルチェ クビ
9 レッツゴーキリシマ アタマ
10 シンワラヴ クビ
11 ベンチャーナイン 3/4
12 サダムイダテン 1/2
13 ウォーボネット クビ
14 ダイワワイルドボア 1.1/4
15 アイティトップ クビ
16 オーロマイスター 1

単勝
3 1,410円
複勝
3 320円
11 850円
10 160円
枠連
2-6 2,860円
馬連
3-11 20,010円
馬単
3-11 43,340円
ワイド
3-11 4,100円
3-10 640円
10-11 1,970円
3連複
3-10-11 17,500円
3連単
3-11-10 184,520円


23日、阪神競馬場で行われた
阪神大賞典(4歳上、GII・芝3000m)の全着順、払戻金は以下の通り。

1 アドマイヤジュピタ 3:08.7
2 アイポッパー 2.1/2
3 ポップロック クビ
4 トウカイトリック 3/4
5 トウカイエリート 1.1/4
6 アドマイヤフジ 3/4
7 ダークメッセージ クビ
8 ドリームフライト 3/4
9 エーシンダードマン アタマ
10 チャンストウライ 1.1/4
11 メトロシュタイン 1.1/4
12 マヒオレ 1/2
13 ペガサスファイト 4

単勝
1 750円
複勝
1 190円
2 290円
3 120円
枠連
1-2 4,620円
馬連
1-2 4,540円
馬単
1-2 9,170円
ワイド
1-2 1,470円
1-3 320円
2-3 490円
3連複
1-2-3 2,380円
3連単
1-2-3 19,570円

※各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認下さい。







皆さん今週の競馬はいかがでしたか??(^∀^)
残念だった人は来週こそ!!!!競馬予想への新しい扉を開く



[PR]
by unagiinu-dayo | 2008-03-23 16:33 | 競馬

フローテーション大化けも/スプリングS

野菜たっぷり 食べるダイエット!岡本先生のさらさらスープ







皐月賞トライアル・スプリングS(G2、芝1800メートル、23日=中山、3着まで優先出走権)の木曜追いを行った

フローテーション(牡3、栗東・橋口)が、坂路の併せ馬で2馬身先着した。

不良馬場で53秒6-13秒5と時計こそ目立たないが、橋口弘次郎師(62)は前走すみれSからの上積みをアピール。
関東のエース横山典騎手を起用し、重賞初制覇とクラシックへの進出を狙う。


フローテーションを語る橋口師の表情に笑顔が戻った。
「体調面の不安は何もない」。
最終追い切りは坂路で53秒6-13秒5(ゴール前強め)。
内のツルマルフェロー(古馬1000万)に2馬身先着した。

「相手は攻め駆けしないとはいえ、こちらは余裕しゃくしゃく。体もスッキリしてきた」。
内の気配を確認して、ゴール寸前で軽く手綱が動いただけ。
水を含んだ馬場を物ともせず、しっかりと走り抜いた。
急仕上げだった前走すみれS(7着)からの前進は確実だ。

ファルコンSをダノンゴーゴーが制し、3歳短距離路線の主役に躍り出た。
牝馬にはオディールがいる。
好調・橋口厩舎のパズルに足りないピースが牡馬クラシック路線の核だ。
橋口師は人一倍、ダービーへの思い入れが強い。
99年からの連続出走が昨年途切れただけに、今年はなおさらだ。
スプリングSはあくまで皐月賞トライアルだが、その先には6月の府中が待ち受ける。

「何とかしたい。ましてや今年は大混戦。出られればチャンスはある」。
 

クラシック出走の夢を託すのは、関東のエース横山典
重賞でのコンビ結成は05年宝塚記念(ハーツクライ=2着)以来だが、
過去の重賞では【3・13・2・17】で連対率45・7%、複勝率51・4%と抜群の相性を誇っている。
「乗り役への期待は、もちろん大きい。人気薄で何かやってくれそうな男だし、楽しみだ」。
デビュー2戦目の萩Sでは、後のアーリントンC覇者ダンツキッスイを退けた。
体調万全。魅力のジョッキー。大化けの可能性は、十分に秘めている。







【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com


[PR]
by unagiinu-dayo | 2008-03-21 11:56 | 競馬

アルバ合格!“最終模試”で弾みつける!スプリングS






皐月賞TR「スプリングS・G2」(23日、中山)

3着までに優先出走権が与えられるトライアル。
美浦では4連勝で本番出走をもくろむショウナンアルバが、ポリトラックで古馬のオープン馬を子ども扱いしてみせた。

二ノ宮師からの指示はひとつだった。
「馬場を出た直後に掛からないよう、注意して乗ってくれ」。共同通信杯で、父ウォーエンブレムに初の重賞タイトルをプレゼントしたショウナンアルバだが、父譲りの激しい気性は相変わらずだ。

美浦ポリトラックに登場すると、首を空へ向けながら行きたがるそぶり。
鞍上が必死になだめながら、5馬身ほど前を行くトールハンマー(8歳オープン)を追いかける。抑えていたために前半こそモタモタしたが、ようやく納得して行き脚がつくと、直線ではあっと言う間に外から突き抜けた。
相手も一杯になりながら追いかけるが、その差は詰まることはない。
5F64秒9-37秒1-12秒0。堂々と1馬身先着を決めた。

 「(掛かるのは)許容範囲だよ。だけど、古馬のオープンと併せてあの動き。理想的な併せ馬だったし、前回より良かった。変わりなく順調だね」。
師は迷うことなく合格点を与えた。
皐月賞へ直行するプランもあったが
、「抑える競馬を覚えてほしい、と思って使うことにした。それなら二千の弥生賞より、千八百メートルの流れの方がいい練習になると思ってね」。
3連勝中のアルバに、あえて課した最終試験。頂点奪取への意欲がはっきりと見える。

先週の追い切りに騎乗した主戦の蛯名も、道中の折り合いを最大のポイントに挙げた。
「前走が一番、我慢して走ってくれた。今回はいい意味のトライアルにしたい。あとは自分との戦い。うまくコントロールできるかどうかだね」。
今回も期待と不安を抱いての出陣となるが、それを克服したとき、皐月賞への視界は限りなく広がっていく。






★第56回阪神大賞典(GII)★

利害の対立が全てを飲み込む!!

春天前哨戦に大荒れ情報入手!!

たった一鞍で帯付きも飛び出す

業界の金ヅルで札束ドッサリ!!

▼レース展望無料公開中!!▼




[PR]
by unagiinu-dayo | 2008-03-20 17:18 | 競馬

イダテン静かな最終追い/スプリングS

↓実績ある競馬情報ゲットライフの競馬無料予想↓






中山メーンのスプリングS(G2、芝1800メートル=23日)で
復権を期すサダムイダテ(牡3、栗東・中村)が、
静かに最終追いを終えた。

Dウッドコースでの併せ馬は6ハロン84秒8、ラスト11秒8。
併走馬に1馬身先着はしたが、繊細な性格を考慮し、
安藤勝己騎手(47)は馬なり調整を貫いた。
現状では賞金的に皐月賞は不可能。何としても3着以内が必要だ。


サダムイダテンの背中の上で、安藤勝騎手は本当に何もしなかった。
がっちりと手綱を押さえ、追うポーズすら見せなかった。
行き出しと同じ姿勢のままで、ゴール板を駆け抜けた。


それでもラスト1ハロンは11秒8の好時計。やはり性能は高い。
2秒近く先行したマイネルローグ(3歳500万)に、コーナーワークで内から並びかけると、
最後はきっちり1馬身先着。

「いっぱいにやらなくていいと思ったので、最後は仕掛けなかった。これでいいと思う。大丈夫でしょう」。
あん上は満足そうな表情で振り返った。


共同通信杯で単勝1・5倍の断然人気を裏切った。
圧勝を確信して吹きまくっていた中村均師(59)はこの中間、言葉を封印した。

「前走は慢心があったのかも知れない。もう強気なことは言わないよ」と意識的に発言を控えめにした。

追い切りの後も驚くほどに弱気な言葉を並べた。
「もしかしたら大した馬じゃないのかも…」。「動きはそんなによく見えなかったなぁ…」。だが、決して本心ではないことは、表情で分かる。調教後の遅い時間、イダテンの馬房の前には必ず、状態をチェックする中村師の姿がある。期待が大きいからこそ、ショックが尾を引いているだけだ。

陣営は「繊細な馬」と声をそろえる。前走は雪で月曜に順延。
1日の延期がリズムを狂わせた。
追い切りをセーブ気味にしたのも、そのあたりの性格を考慮してのもの。

「前走は馬場の割にやり過ぎたのかもね。やれば動く馬だから」と安藤勝。

前回は道悪のCウッドで目いっぱいに攻めたが、今回はあえてセーブした。
追い切り前の計量で466キロ。
長距離輸送を控え、強い負荷をかけるのは心身ともにプラスに作用しない。
敗戦の中から得た教訓だ。


思わぬ惨敗で主役の座から転げ落ちた格好だが、アンカツの評価は少しも落ちていない。
「本当にいいフットワークをしている。『強かった、やっぱり』にならんかな」。
本賞金1050万円では、皐月賞出走は難しい。
失った自信を取り戻し、権利もつかみ取る。






↓↓「情報競馬の真骨頂」を体現する大物関係者も本格参戦中!圧倒的な人脈で衝撃のマン券ネタをそのままお伝えいたします!↓↓



[PR]
by unagiinu-dayo | 2008-03-20 11:09 | 競馬
11月レーシングカレンダー
東京、京都、福島

★今週の
注目レース★
「マイルチャンピオンシップ」

☆21日
東京…東京スポーツ杯2歳S
福島…福島記念

☆22日(日)
東京…マイルCS





栗東スポーツ




010.gif競馬ゲーム






カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧