お馬さんが走りますよ☆


競馬のことを主にのせていきます♪
by unagiinu-dayo
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:ドバイ ( 12 ) タグの人気記事

ウオッカ、帯同馬なしでドバイ遠征

★裏ネタ満載★元専門誌看板TM古川幸弘がこっそりブログで公開中!







昨年の年度代表馬、
ウオッカ(牝5歳)を管理する角居調教師が14日、
ドバイへの遠征日程を明らかにした。

2月10日から出国検疫に入り、17日にドバイへ出発。
目標とするドバイ・デューティフリー(G1、3月28日、ナドアルシバ競馬場・芝1777メートル)の前に、同じ条件で行われるジェベルハッタ(G2、3月5日)をステップとして使うことになっている。

 「昨年も行っている場所だし、帯同馬は用意せず、1頭だけで行きます」と同調教師。
2戦とも武豊が手綱を執る予定だ。
昨年は、ドバイ・デューティフリー一本に照準を定めて4着に敗れたが、今年は長期滞在で“世界制覇”を目指す。




【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com





[PR]
by unagiinu-dayo | 2009-01-15 12:50 | 競馬

帰国初戦、ウオッカに注目=競馬ヴィクトリアマイル

『最強GP大会委員長:川村ひかる』も挑戦!!

【賞金総額600万円】超のBIGチャンス!

☆無料エントリー受付中☆







競馬の第3回ヴィクトリアマイル(GI)は18日、
東京競馬場の芝1600メートルで行われる。牝馬のマイル女王を決める一戦。
昨年の日本ダービーを牝馬として64年ぶりに制したウオッカが、アラブ首長国連邦ドバイへの遠征を終え帰国初戦を迎える。


d0150558_17105743.jpg


ダービーの衝撃から約1年。
今回と同じ東京コースの長い直線で切れ味を見せ付けた。
世界の強豪馬が集まったドバイでは3月29日にGIレースを走って4着。
帰国後は牧場で休養し、今月1日に厩舎(きゅうしゃ)に戻って調整を重ねてきた。
4歳牝馬にとって海外遠征を挟む日程は厳しいが、ウオッカなら克服できるだろう。
ドバイに続いて手綱を取る武豊も自信を深めている。

マイル戦は過去5戦して4勝、2着1度と適性は高い。
ただし、昨年4月の桜花賞でダイワスカーレットに敗れたように、前を走る馬に楽をさせるようだと取りこぼしもある。
意外だが、勝利はダービーを最後に遠ざかっている。
自分から動いてねじ伏せるような本来の走りができれば、強さを存分に発揮しそうだ。





【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com



[PR]
by unagiinu-dayo | 2008-05-16 17:15 | 競馬

ヴァーミリアン12着に武「分からない」

おいしいチーズケーキ





<ドバイワールドC>
◇29日=UAEドバイ・ナドアルシバ競馬場◇国際G1◇ダート2000メートル◇4歳上◇出走12頭

ドバイ国際競走が29日、UAEドバイのナドアルシバ競馬場で行われ、日本勢4頭が出走したが優勝には届かなかった。

ドバイワールドC(国際G1、ダート2000メートル)は大本命の米国馬カーリンが圧勝し、ヴァーミリアン(牡6、栗東・石坂)は最下位の12着と惨敗。
ドバイデューティフリー(国際G1、芝1777メートル)に挑んだウオッカ(牝4、栗東・角居)は4着に敗れた。
日本勢の全敗は3年ぶりとなった。

日本勢のワールドC初Vは、またしても実現できなかった。
ヴァーミリアンはスタートこそ速かったが、流れについて行けず直線入り口で早々と脱落。
あとは後退する一方だった。
11着馬に4馬身半も離された惨敗に武豊騎手は「途中からついて行けなかった。
何が悪かったか分からない。
こんなに負ける馬ではない」と首をひねるばかり。
石坂師は「息の入りは、追い切りよりも早かったくらい。これが実力とは思いたくないが」と、納得できない様子だ。
優勝したカーリンは2着アジアティックボーイを7馬身3/4も突き放した。
日本と米国の差は、ダート戦ではまだまだ大きい。








[PR]
by unagiinu-dayo | 2008-03-31 16:19 | 競馬

ドバイワールドC、関係者のコメント






現地時間29日
、ドバイ・ナドアルシバ競馬場で行われた
ドバイワールドC
(北半球産4歳上・南半球産3歳上、首G1・ダート2000m、1着賞金360万米ドル)
の関係者コメントは以下の通り。

ヴァーミリアン(石坂正調教師)
 レース後も馬は普通。息も上がっていませんでした。
これを能力とは思いたくないが、今日は惨敗でしたね。

(武豊騎手)
 良いスタートを切ったが、途中からついていけなくなった。分からないですね。
ベストは尽くしたし、期待も大きかっただけに残念です。こんなヴァーミリアンは初めて。力を全く出せませんでした。難しいですね。










[PR]
by unagiinu-dayo | 2008-03-30 11:15 | 競馬

ヴァーミリアン万全…29日ドバイ国際競走

誰でも簡単万馬券!!b>





 【ドバイ(アラブ首長国連邦)28日】
ドバイ国際競走は29日、当地のナドアルシバ競馬場で行われる。
日本調教馬は4頭が出走。
世界最高峰の一戦、
ワールドカップにはヴァーミリアン(牡6歳、栗東・石坂厩舎)、
デューティフリーにはウオッカ(牝4歳、同・角居厩舎)と
アドマイヤオーラ(牡4歳、同・松田博厩舎)の2頭が、
G2のUAEダービーにはイイデケンシン(牡3歳、同・昆厩舎)が挑む。


 “経験者”はただ1頭、別行動をとった。
ヴァーミリアンはナドアルシバ競馬場のダートコースへ。
しまいを伸ばしたあと、装鞍所などのスクーリングを行った3頭とは違って、じっくりダクを踏み、キャンターで1周して厩舎へ引き揚げた。


最終調整を見守った石坂調教師は、確かな手応えをつかんでいる。
「予定通り。落ち着いていて何より。いい状態で臨めそう」


4着に敗れた昨年とは明らかに違う。
交流を含むG1を4連勝。
日本のダート王として確固たる地位を築いて臨む2度目の世界決戦。
昨年のブリーダーズCクラシックで、2着以下に4馬身半差をつけて圧勝を収めた米国の年度代表馬カーリンの壁は高く、厚いが、
「いいレースができそう」と指揮官。武豊を背に日本競馬界の歴史を塗り替える愛馬の姿を思い描いていた。


ウオッカ、オーラも好調 
○…ウオッカ、アドマイヤオーラ、イイデケンシンの3頭は、そろっての最終調整。
前を併せ馬で走るオーラ、ケンシンをウオッカが追走。
直線に入ると昨年のダービー馬は2頭の横をすり抜けるように、しまいを伸ばしてラスト1ハロン12秒5をマーク。
「水曜(26日)は物見をして軽めになったので、今日やるつもりでした。前に2頭がいたので、いい調教ができた」と角居調教師は満足顔。

アドマイヤオーラは、イイデケンシンとともにラスト200メートル12秒7とピッチを上げてのフィニッシュ。
「予定通り。いい走りやったよ」と松田博調教師。
その後、3頭はパドック、装鞍所をスクーリングして本番に備えた。







女性だからこそ知り得る「生きた情報」ぜひ無料登録でお試しを


[PR]
by unagiinu-dayo | 2008-03-29 13:53 | 競馬

ドバイ国際競走、日本馬情報(3/27)





現地時間29日にドバイ・ナドアルシバ競馬場で行われるドバイ国際諸競走に出走する日本馬の調教状況及び関係者のコメントが27日、JRAより発表された。

 この日は現地時間7時~10時に、同競馬場において、ドバイ・ワールド・カップ・デー諸競走の関係者を集めて、朝食会「ブレックファスト・ウィズ・スターズ」が盛大に開かれ、日本馬の関係者も華やかな雰囲気の中で食事を楽しみ、話に花を咲かせた。

◆ドバイワールドC(首G1・ダート2000m)
・ヴァーミリアン(牡6、栗東・石坂正厩舎)
【調教状況】
厩舎地区での運動のみ

【関係者の話】
(石坂正調教師)
「馬は昨年よりも強くなっており、コンディションも良く万全の状態で臨めそうです。相手には強い馬もいますが、いい競馬ができると思います」

◆ドバイデューティフリー(首G1・芝1777m)
・アドマイヤオーラ(牡4、栗東・松田博資厩舎)
【調教状況】
厩舎地区での運動のみ

【関係者の話】
(松田博資調教師)
「馬の調子は順調です。明日は馬場に出る予定です。枠順も外過ぎず丁度良いと思います」

・ウオッカ(牝4、栗東・角居勝彦厩舎)
【調教状況】
厩舎地区での運動のみ

【関係者の話】
(角居勝彦調教師)
「馬は順調です。今日は馬場に出さず厩舎地区で常歩を1時間行いました。明日は馬場に出る予定です」

◆UAEダービー(首G2・ダート1800m)
・イイデケンシン(牡3、栗東・昆貢厩舎)
【調教状況】
厩舎地区での運動のみ

【関係者の話】
(松元靖雅調教助手)
「馬は文句なしの状態です。明日は馬場に出し、装鞍所のスクーリングも行う予定です」







[PR]
by unagiinu-dayo | 2008-03-27 18:38 | 競馬

世界制圧へGO!ウオッカ完ぺき11秒3

「ドバイWCデー諸競走」(29日、UAE・ナドアルシバ)

テイクオフの準備に抜かりなし。
ウオッカが世界制圧を描き、京都競馬場のダートコースを突き進む。
ドバイ・デューティフリー・G1に向けて、国内最後となる追い切り。
四肢が巻き上げる砂じんが、スキのない過程を物語っている。
 

先週に続いての左回り、同じ相手との攻め馬。
6馬身ほど先行したイイデケンシンを、最終コーナーで射程圏に入れる。
直線を向いて推進力の違いで並びかけるが、3歳馬も譲らない。
猛烈な食い下がりの結果、ステッキこそないが中身はハードに。
フィニッシュでは半馬身の先着となった。


谷水雄三オーナーが見つめる前で、6F82秒0-36秒4-11秒3の数字を刻んだ。
角居師も満足感を表情に漂わせた。
「最終調整としては完ぺき。無駄なものが取れて、ボリュームがあった京都記念とは体つきが違ってきている感じ」。
10日に予定していた追い切りを、雨による馬場状態の悪化で1日スライドすることを決断。
仕切り直しで文句のない躍動感を披露した。


日本競馬史に名を刻んだダービープリンセスは15日に日本を出発。
現地入り後、25日に予定する最終追い切りには武豊が駆けつける。
ドバイでつづる伝説の1ページ。
暖かい春の風を切ったウオッカ。夢のつぼみは大きく、そして力強く膨らんでいる



競馬サイト検索&ランキング調査!



[PR]
by unagiinu-dayo | 2008-03-12 11:09 | 競馬

武絶賛ウオッカ「パワフル」…京都で初追い切りラスト11秒6

ラオウが好きです



ドバイ・デューティフリー(29日、ナドアルシバ競馬場・芝1777メートル)に
遠征するウオッカ(牝4歳、栗東・角居厩舎)が5日、
初めて新パートナーの武豊を背に、京都競馬場で追い切られた。

同日のUAEダービーに挑むイイデケンシンと、ダートコースで併せ馬。
10馬身以上後方から差を詰めて、並んだ直線はステッキを連打する相手に対して、
ほぼ馬なりで頭差の先着。
本番と同じ左回りにもスムーズな走りで鋭く伸び、
5ハロン64秒2、ラスト1ハロン11秒6の好時計を叩き出した。

“ダート巧者”に貫録勝ちした内容に武豊は
「(ヴァーミリアンで挑戦する)ワールドカップに変更しないで下さいね」
と角居調教師に冗談を飛ばすほどの好感触。「力強さは思っていた通り。
本当にパワフル。引っかかるイメージが強かった馬だけど、
ウオーミングアップでもリラックスしていて、追い切りでもゆったり走れた。すごくいい」
と絶賛した。


武自身には、昨年のアドマイヤムーンに続く連覇がかかる舞台。
「これだけの馬を依頼された責任を感じる。何度もドバイに行って自分なりに特性はつかんでいるつもり。期待に応えたい」と力強い。

角居調教師は「武さんにはドバイであと1回だけ乗ってもらえば」と話し、
仕上げに自信を見せていた。

◆ケンシン大満足 ○…ウオッカと併せたイイデケンシン。
手応えで劣る内容にも、昆調教師にとっては想定内だった。
「あっさり、かわされるという話だったんですよ。あれだけ抵抗できれば十分。
大満足です。ある程度、こちらで仕上げて臨みたい」と笑顔で話した。
10日にも追い切る予定だ




今週のメインレースはCHECKMATEにおまかせ!!!



[PR]
by unagiinu-dayo | 2008-03-06 16:29 | 競馬

馬インフル対策ウオッカ京都競馬場に移動







3月29日のドバイデューティフリー(G1、芝1777メートル、ナドアルシバ)に
挑むウオッカ(牝4、栗東・角居)が、
25日夜に京都競馬場へ移動していたことが分かった。

当初は27日から検疫に入る予定だったが
「美浦でインフルエンザの陽性馬が多く出たので、
きのう(25日)オーナーと調教師が話し合って、
急きょ夕方6時に厩舎を出発しました」と酒井助手。

美浦で広がりつつあるインフルエンザの飛び火を恐れての措置。
なお、今後は引き運動でレースの疲れを取り、
今週末から騎乗を再開して調整を進める予定




今週は中山記念!!!こんな情報を待っていた!!!



[PR]
by unagiinu-dayo | 2008-02-27 15:39 | 競馬

マツリダゴッホ陣営★ドバイ参戦に意欲






3月29日にUAEで行われるドバイワールドカップデイ諸競走の選出馬が、31日、発表された。

ドバイシーマクラシックに選出されたマツリダゴッホ陣営は遠征に意欲的。
18日に栗東で馬インフルエンザ陽性馬が確認されたことで、
輸出検疫などの問題がクリアされていない状況だが、「オーナーサイドの意向は行く方向」と国枝師が明かした。
 輸出検疫の方法については、非開催競馬場で通常より長い期間の検疫が課せられることが濃厚。
昨暮れの香港遠征時が2週間だったのに対して、今回は3週間になるとみられている。
「行くことになるならば(遠征馬の多数を占める)関西馬がいる京都になるだろうね」と国枝師。同馬は1日に美浦に帰厩する予定。
 また、23日の京都記念からドバイを目指すウオッカもシーマクラシックに選出。
31日、栗東坂路で4F57秒8をマーク。
有馬記念後、60秒を切る時計を出すのは初めて。
同じくシーマクラシックに選出されたメイショウサムソンは坂路を単走で4F54秒7。
「ドバイをやめたとしても、香港(Qエリザベス2世C)もある。凱旋門賞が目標なら、冬場に慌てても仕方がない」と高橋成師は話した。

発表された選出馬は以下の通り。

★ドバイ・ワールドC(G1・ダート2000メートル)
ヴァーミリアン(牡6歳、栗東・石坂)
ダイワスカーレット(牝4歳、栗東・松田国)

★ドバイ・デューティフリー(G1・芝1777メートル)
ダイワスカーレット

★ドバイ・シーマクラシック(G1・芝2400メートル)
ウオッカ(牝4歳、栗東・角居)
ポップロック(牡7歳・同)
マツリダゴッホ(牡5歳、美浦・国枝)
メイショウサムソン(牡5歳、栗東・高橋成)

★UAEダービー(G2・ダート1800メートル)
イイデケンシン(牡3歳・栗東・昆)



明日2月2日、近所のパチンコ屋にアスカの中の人がくるっていう看板がでてたんですが、それって宮村優子さんがくるってことかなぁ??だとしたら会ってみたいですね♪






[PR]
by unagiinu-dayo | 2008-02-01 11:34
11月レーシングカレンダー
東京、京都、福島

★今週の
注目レース★
「マイルチャンピオンシップ」

☆21日
東京…東京スポーツ杯2歳S
福島…福島記念

☆22日(日)
東京…マイルCS





栗東スポーツ




010.gif競馬ゲーム






カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧